fc2ブログ

日本サクラソウ

こんばんわ、金ルチルです。

土曜日から今日までいいお天気。
やっぱり春はこうでなくっちゃ。

さて、以前紹介した、実家からやってきた日本サクラソウ。

冬の間は葉っぱすら見えず、枯れちゃったの?と心配していた奴です。

現在はどうなっているのかというと。

これは今朝の状況です。

DSCF6422_20100426220617.jpg

ピンク色の花が咲きました~

∩( ・ω・)∩
ばんじゃ~い

アップにするとこんな感じ。

DSCF6421.jpg

ちなみにこの日本サクラソウが植えてある鉢には、これまた西洋サクラソウと呼ばれる、プリムラ・メラコイデスがどっからのコボレ種で咲いています。

日本サクラソウと西洋サクラソウのコラボレーション?はこちら。

DSCF6419.jpg

日本サクラソウは古典園芸種といわれ、愛好家の方々は、一鉢に1株ずつ大事に育てて、品評会まで開いているそうです。
そんな愛好家の方々に怒られちゃうような日本サクラソウと西洋サクラソウの競演ですw

大きい花が日本サクラソウ
小さい花が西洋サクラソウと呼ばれる、メラコイデスです。

よく見ると花の形はほとんど同じですが、大きさが全く違いますね。

皆さんはどちらのサクラソウが好きですか?

(´・ω・`)?

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

久しぶりの芝刈り

こんばんわ、金ルチルです。

昨夜は初のキリ番企画でこのブログの常連さんの「ししおまこと」氏と初登場の「なる」さんがめでたく8888番のキリ番をゲットいたしました。

後日、記念のプレゼントををお送りいたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。

今度は9999番、そして10000番の二本立てでお送りいたしますw

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

m( _ _ )m


さて、昨日に引き続き、今日もいいお天気になりました。

昨日は(木)(金)と降り続いた雨のおかげで、芝からいまいち水気が抜けなかったのですが、今日はいい感じで葉っぱから水気が抜けていました。

先週は久しぶりの高熱でヘロヘロになって芝刈りが出来ませんでした。

たった二週間芝刈りをしなかっただけで、モサモサに伸び放題、荒れ芝状態になってしまいました。

DSCF6350.jpg

荒れ芝の中をよーく見ると

DSCF6347.jpg

オニタビラコといういわゆる雑草が花を咲かせていました。
直径1センチほどのホントに小さな花です。

雑草と呼ぶのはちょっと失礼な感じの、とても小さい可愛らしい花です。

さらにこんな花も。

DSCF6352.jpg

DSCF6354.jpg

芝生に埋もれてカタバミも黄色い花を咲かせていました。

これまた1センチも無いとても小さな花です。

寒いだのなんだのといっても花咲く春なんですね。

と、お庭の探検?を終えて芝刈りです。

やっぱりボサボサより、芝刈り後の方がいいですね。
(^^)

DSCF6386.jpg

ちょっと最近の寒さで元気が無い部分もありますが、これから元気に青々してきてくれると思います。

さて、芝刈りを終えて、芝の切り口が乾くのを待って、夜の水やり。

水やりをしていると、なにやらもぞもぞ動く黒い影が!

DSCF6401.jpg

おお、君は一体何をしているのかね?

き、君は・・オケラたん

DSCF6413.jpg

この間の犯人はやっぱり君だったのね~

今度はお手柔らかに頼みますよ~

ヾ(´・ω・`)ノ

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

気がつけばもうすぐカウンターが

こんばんわ、金ルチルです。

今日は久しぶりに朝から晴れましたね~。
やっぱり、天気がいいとき分も晴れ晴れします。

さて、気がつけば昨年の7月から始めたこのブログ、なんとカウンターが8870番台にまで突入していました。

もうすぐカウンターが8888番を達成しそうです。
8888番は金ルチルの現在の愛車のナンバーと同じです。

これもひとえにご訪問いただいた皆様のおかげです!

8の字は中国では縁起のいい数字といわれています。
漢字の八は末広がりを意味しています。

また無限や永遠を意味する記号の「∞」(インフィニティ、メビウスリンク)と同じです。
さらには表が裏に、裏が表になるという陰陽を同時に表す実に奥深い形です。

この実に縁起が良く、興味深い8が揃うのは8888番です。

そこで、金ルチルのブログ始まって以来、初となるキリ番企画。

8888番をゲットされた方には、金ルチルから日頃の感謝の気持ちを込めてあるものをプレゼントしたいと思います。

もちろん、男性なら男性用、女性なら女性用のプレゼントをご用意しています。

ちょいと奮発しますよ~
(あ、それほど期待しないで~www)

それは・・・

まだ内緒ですw

ぜひ8888番をゲットされた方はコメント欄にて申告してください。
(写メなどあると尚可w)

これからもよろしくお願いします。

(`・ω・´)シャキーン


58年ぶりの寒さ・・・だと?

こんばんわ、金ルチルです。

帰ってきたら、久しぶりに高校の時の同級生からメールが。
YouTubeの音楽動画を教えてくれました。

最近はこういった動画投稿サイトに自分で演奏している動画を投稿している人が増えているようで、メチャメチャにギターやドラムが上手い人が居るからと教えてくれました。

金ルチルは自分で楽器の演奏が出来ないだけに、このように一般の人が上手に演奏するのを見ると、本当にビックリすると同時に、羨ましく思います。

で、いろいろ見てたらあっという間に23時を回っていました。

おおおお、ブログの準備、何もしてなかったぁぁぁあああ!

で、慌てて更新中ですw

忙しくても、時間が無くても、とにかく日課としてブログの更新をすると決めているので、フルスピードでタイピング中です。

さて

昨日に引き続き今日も天気が悪かったですね。
雨が降ったり止んだり、とても寒い一日でした。

なんでも4月下旬の気温としては58年ぶりだとか何とか。

やっぱり、何か天候が変ですね。

みなさん、体調の管理はしっかりしてください。
じゃないと、先週の金ルチルのように、思いがけない風邪や熱が出てしまいますw

明日も天気が悪いのでしょうか?

今日みたいな天気で外に出られなかったら、家の中で楽器の練習とかもいいですね。

うーむ・・・

まずはタンバリンかカスタネットから始めましょうかw

(´・ω・`)?

思わず、音楽動画を見て、今更ながら、何か楽器をやってみたいなあと思った金ルチルでした。

金ルチルは腕時計が好き!!            (ロレックス デイトジャストコンビ)

こんばんわ、金ルチルです。

今日は4月だというのに、また寒かったですね~
雨まで降って、本当に困ってしまいます。

4月はこんな天候不順な月でしたでしょうか?

さて、ここしばらく、何かを忘れている?と思ったら「金ルチルは腕時計が好き!!」をすっかり忘れてましたw

と言うわけで、今日は一番腕時計らしい?ものを紹介します。

1994年、バブル経済華やかな頃、一世を風靡した腕時計がありました。

それがロレックスのデイトジャスト(通称DJ)コンビです。

当時はちょっと緩めに、ブレスレット代わりに腕につけるのが流行っていたようです。
(ちなみに、金ルチルは緩めではなく、どの時計もぴったりに調整しています)

ロレックスの腕時計と言えばこのモデルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

DSCF6337.jpg

腕につけるとこんな感じ。

DSCF6335.jpg

バックルはこんな感じ。

DSCF6336.jpg

横から見ると風防のガラスがひときわ分厚いのがよく分かると思います。

DSCF6338.jpg

ロレックスの時計は結構いろいろ考えて作られていて、この風防が分厚いのも、ちゃんとした理由があります。

この時計のベゼル(ピラミッドベゼルと呼ばれています)はメッキではなく18金(K18)で作られていて、傷が付きやすいです。

ですが、分厚いガラスをつけることにより、最初にガラスが傷つくように出来ているんですね。

このモデルのガラスはサファイヤガラスという人工宝石のサファイヤをガラスにしており、結構丈夫です。
サファイヤはモース硬度9でダイヤの次に硬いとされていますので、時計のガラスに使用するにはもってこいなのです。

たとえば、18金のベゼルが傷ついて交換するとなると、5万~10万円くらい(金なので時価)しますが、サファイヤガラスが傷ついて交換だと2万5千円。

こういったことも考えてガラスが盛り上がっているんですね。

それから、バックルの穴の並びを見てください。

等間隔に見えますが、微妙に間隔が異なっています。

この微妙な間隔のおかげで、駒詰めで調整しきれないブレスのサイズを、ぴったりにまで調整できるのです。

このあたりも他の時計メーカーと比べてロレックスはよく考えられています。
だてに高いわけじゃないんですね。

さて、ロレックスと言うと贋物が非常に多い時計としても有名です。

ロレックスは製造年毎に微妙な変更とかもあるので、これが確実という見分け方はありそうで早々ありません。

ですが、ここでサファイアガラスを使っているロレックスに限り、誰でも贋物と本物を見分けるコツを暴露しちゃいます。

ブログをご覧頂いた方だけにですよ~。
あちこちで言触らしたらいけませんw

サファイアガラスは上述の通り、とても硬く、研磨加工が難しいとされています。
最近の贋物はそれでもサファイアガラスまで使うものまであったりします。

ですが、やっぱり、加工に差が現れるんですね。

実はサファイアガラスの縁を触った時にとがっている感じがするのが贋物。
本物は今日の写真では分かりにくいですが、ガラスの縁を本当に微かに面取りで角を削ってあるんです。
このおかげで角ばって見えるガラスの縁ですが、触ると滑らかな感じがするんですね。

こればっかりは贋物はマネができないようです。

実はこれ、あまり知られていない見極め方の一つです。

覚えておくと、もしかしたら役に立つ時があるかもしれませんよ!

(`・ω・´)シャキーン



黒ねこ時計 くろック D01
プロフィール

金ルチル

Author:金ルチル
ブログ管理人の金ルチルです。
独身♂10/7に37歳になりました。
衝動買いした一戸建てに一人暮らし。
最近デジカメを買ったのでブログに初挑戦です。
ガーデニングをメインに好きなモノなどを紹介していきます。
リンクフリーですが、リンクされた際にはご連絡していただけると幸いです。
コメント、大歓迎です。
(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード