fc2ブログ

また頂きました~                          (デージー)

こんばんわ、金ルチルです。

先日頂いた水仙を植え替えしました。

金ルチルは水やりが好きなのですが、冬は夏場とは違ってなかなか土が乾きにくく、どうしても水分過剰気味になってしまいます。

と、いうことで今回は水やりし過ぎても大丈夫?なように水捌け重視で植え替えてみました。

使った土はビバホームオリジナルの粒状培養土に小粒の軽石、燻炭のブレンドです。

で、植え替え終わったのがこちら。

DSCF3786.jpg

元気に育って欲しいです。

そして植え替えが終わって一服(=´ω`=)y━・~~ していると近所の奥さんが「良かったらどうぞ」とこちらをくれました。

DSCF3779.jpg

種から育てた「デージー」だそうです。

と、言う訳で急遽デージーも植え替えです。

今回使用する鉢はこちらです。
実はこの鉢に残りのチューリップを植えようと思っていたので、デージーを寄せ植えにしてみました。

DSCF3780.jpg

中はこんな感じで水抜きの穴が小さめです。

DSCF3781.jpg

これだと水捌けが悪そうなので防犯砂利の余りを鉢底に水捌け対策で入れました。

DSCF3782.jpg

DSCF3783.jpg

この防犯砂利は廃ガラスを高温で焼いて作ったものでとても軽く、たくさんの気泡があります。
おそらくこれで水捌けは大丈夫でしょう。

そしてまずはチューリップの植え込み。
先日紹介したオーソドックスなチューリップとアンジェリケを植え込んでみました。

金ルチルは球根が好き!!チューリップ
http://kinrutiru.blog47.fc2.com/blog-entry-147.html

今回もわざと間隔を取らずに密に植えてみました。

DSCF3784.jpg

使用した土はカインズホームオリジナルの花と球根の土に中粒の赤玉土と燻炭のブレンドです。

そしてデージーを3株ずつ植えて燻炭でマルチングしました。

DSCF3785.jpg

デージーは育てたことが無いので、どんな花が咲くか楽しみです。

種から育てたとの事ですのできっと丈夫に元気に育ってくれるでしょう。
後は・・・金ルチルの管理次第。

ご好意を無駄にしないように頑張らねば!

(`・ω・´)シャキーン

スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメント

Secret

No title

球根ちゃんて、向きがあるの、知ってます?
オラ、今年まで知りませんでした。

http://diy-daishin.co.jp/useful/gardening_kyukon0.html#kasane

遠い昔、実家のおっかあさまがチューリップを地植えして。
芽が出たまではよかったけろ、その後、キレまくり~(^ワ^)
パッケージのどこにも書いてませんが。
ちゃんと、葉っぱって出る場所が決まってるんでつよね~。

あ、オラも水をあげたい病でつ。
『そういう人は土に川砂を混ぜなさい!』
とか言われちゃって(汗)(汗)
ホムセン行っても山砂しか売ってなくて。
鹿沼土より酸性がつよ~いって・・・。
あの~ (^^ゞ ゼラちゃんて酸性を嫌うんでつが~。
オラ、どーしましょ?
の世界でしたぁ
ε=ε=┏( ・_・)┛ (逃げ)

No title

>ともちゃん
こんばんわ~

>球根ちゃんて、向きがあるの、知ってます?
そうそう、適当に植えると葉っぱが変なところからw
そんなとこに植えたか~?ってところから生えてくる。

一応、この向きか~?って考えながらやってみたけど、どれがどっち?って球根もあってなかなか難しい。
たぶん、ヒヨコのオスメスを見分けられるくらいの眼力が必要かとwww

>あ、オラも水をあげたい病でつ。
水やりが難しいんですよねえ。
オフクロには「水やり3年」って言われたし。
だから、邪道?だけど小粒の軽石を混ぜてごまかしてるw
不思議と調子いいみたいw

鹿沼土だったら赤玉の方がいいのかな?
どうも鹿沼土はさつきとか盆栽のイメージが。
乾き具合は分かりやすいけど。。。
黒ねこ時計 くろック D01
プロフィール

金ルチル

Author:金ルチル
ブログ管理人の金ルチルです。
独身♂10/7に37歳になりました。
衝動買いした一戸建てに一人暮らし。
最近デジカメを買ったのでブログに初挑戦です。
ガーデニングをメインに好きなモノなどを紹介していきます。
リンクフリーですが、リンクされた際にはご連絡していただけると幸いです。
コメント、大歓迎です。
(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード