fc2ブログ

金ルチルはマンセルが好き!!前編

今日は予約投稿です。

こんばんわ、金ルチルです。

みなさん、ナイジェル・マンセルをご存知でしょうか?

このブログを以前からご覧頂いている方はお分かりでしょうが、金ルチルは車やモーターレースが大好きです。
金ルチルはモータースポーツが好き!!前編
金ルチルはモータースポーツが好き!!後編
三重県ウィーク (F1 レッドブル2006デモカー)

特に1980年代後半~1990年代前半のF1はとても大好きでした。

当時は、アイルトン・セナ、アラン・プロスト、ネルソン・ピケがワールドチャンピオンを獲得していて、ナイジェル・マンセルはいいところまで行くものの、何回もワールドチャンピオンを逃しており、無冠の帝王と呼ばれていました。

いわゆるF1四強時代です。

そして、金ルチルはマンセルの大ファンでした。

なんで唐突にマンセルを紹介する気になったのかと言うと、先日片づけをしていて懐かしいものを見つけたからです。
それは後ほど紹介します。

当時金ルチルが持っていた四強の印象ですが、セナは孤高の天才、プロストは老練な戦略家、ピケは・・・女好きw、そしてマンセルはマリオのおじさん・・・もとい「おバカな英雄」です。
ちなみに「おバカ」は最大級の賛辞です。
マンセルファンの人ならきっと分かってくれると思います。

当時のF1の予選はQタイヤと呼ばれる予選用タイヤがあり、今以上に白熱したものでした。

セナがタイムアタックをしている時は、息を呑んで、本当に息を止めて、緊張しながら見たものです。
なんか息を吐いたら、コースアウトしちゃうんじゃないかって錯覚するくらいでした。

が、

マンセルのタイムアタックの時は、テレビに声援を送り、やかましいくらいに興奮しながら見たものです。
応援しないとこれまたコースアウトしてどっかに行っちゃうだろうって感じw

セナとマンセルの走りはタイプは違えど、これほどまでに金ルチルを惹きつけるものでした。

まあ、マンセルの「おバカ」を紹介しようとすればキリがないので、今回は止めておきますw
いずれ機会があれば紹介します。

で、やはり大ファンを自称する以上、ここはカッコイイマンセルを紹介しなければ!
(`・ω・´) シャキーン

と言うわけで、大英帝国の愛すべき息子(Great Britain's lovely son)から大英帝国の偉大なる英雄になった、ナイジェル・マンセルのカッコイイ走りをご覧ください。

まずは1990年サンマリノGPでフェラーリに乗るマンセルの360度スピンです。



このスピンした時は時速260km弱出ていました。
マンセルの凄いところは、このスピンした周回もあまりタイムは落ちず、ピットのメカニックはスピンしたことに気が付かなかったと言われています。(本当かwww)

続いて同じく1990年メキシコGPでベルガーを一気に抜き去ったシーン。



まさに大外刈りです。
通常、F1に限らず、レースで先行車を抜く時はコーナーのINに潜り込んで抜きます。

コーナーのアウト側から抜くのは、余程ドライバーやマシンの性能差が無ければ非常に困難で、コースアウトをしてしまう可能性が高くなります。
特に、この時点で前を行くベルガーは2位で、マシンも技術も超一流、ちょっとやそっとじゃ抜けないドライバーです。
しかも、この周回はファイナルラップ、下手をすればコースアウトリタイヤです。

この時テレビで見ていた金ルチルは
「ああああ、バカーーーー!えっ?お?お?おぉぉぉぉおおおお!!!やったーーーー」
と、一人でバカ騒ぎをしていたのを良く覚えていますw

実況もマンセルが抜いた直後「イン クレディブル!!」(スゲー、信じられない!!)とひときわ大きな声。

そのくらい、このオーバーテークは凄いのです。

そして、F1史上、最高のレースとして有名な1992年のモナコGP。



再生中、動画右下の・・・をクリックすると動画のコメントを消すことが出来ます。

このレースはセナとマンセルによる最高のレースでした。

マンセルファンとしてはちょいと残念でしたが、これも大興奮でした。
後にも先にも1位を走る天才セナに「ブルーフラッグ」(8:08秒当たり)を出させたドライバーはマンセルしか居ません。
(ブルーフラッグ=青旗=あなたより後ろの車の方が速いから進路を譲りなさいの意味)

余談ですが何度も出てくるトンネルのシーン、トンネル出口上にはマンションが建っていますが、このトンネル出口真上の部屋にウォーキングで有名なデューク更家氏がお住まいです。

最後は1992年イギリスGP(マンセルの母国GP)
大興奮の観客をご覧ください。



このレースでは予選で2番手のチームメイトのリカルド・パトレーゼに約1.9秒もの大差をつけてポールポジションを獲得、一度も首位を譲ることなく優勝しました。
このレースは観客席の動きでマンセルが走っている場所が分かるといわれたほどマンセル一色でした。

おう!?

調子に乗ってたら長くなりすぎました。。。

と、いう訳でマンセルに関する懐かしいものは後編で。

(`・ω・´) シャキーン


スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

おお懐かしい記事だ。三重県のあの人も見ててくれるといいですねw
>息を吐いたら、コースアウトしちゃうんじゃないかって錯覚するくらいでした。
すごくわかる!「固唾をのんで見守る」状態ですね。僕はサッカーが好きなんですが、F1もサッカーも熱中すれば同じですねw
1個目のスピンからの立ち直りすごいっすね!変な言い方するとCG映像見たいw2個目もものすごい勢いで外から・・・
乗ってるマシンはホンダなんですね。エンジン音に痺れ、地面にぴったり吸いついてるようなマシンに痺れましたwこの前のモトリー・クルーの動画もかっこよかったっす。
3個目、初めてじっくりF1見ました!
>マンセルファンとしてはちょいと残念でしたが、これも大興奮でした。
僕もマンセルファンになってたwめちゃめちゃすごいレースですね!行け!抜け!って興奮してましたwすごすぎてびっくりw

No title

>ししお
>1個目のスピンからの立ち直りすごいっすね!
普通はどっかにいっちゃうからなあ。
プロだとあそこから立て直す人もいるけどラップタイムが凄く落ちちゃうんだよね。
それがコンマいくつしか落とさないでリカバリーだからね。

>2個目もものすごい勢いで外から・・・
あんな抜き方するのはマンセルくらいだな、最近だとライコネンが近かったかな。

>乗ってるマシンはホンダなんですね。
ホンダにも乗ったことあったけど今日紹介した奴はフェラーリとルノーだよん。

>3個目、初めてじっくりF1見ました!
興奮するだろう。
見ている人を熱くさせるドライバーがマンセル、感動させるドライバーがセナ。
この二人の競演だからね。

>僕もマンセルファンになってたw
マンセルの数多い「おバカ」なエピソードを知ったら、もっとファンになるぞwww
呆れなかったらだけどねw
黒ねこ時計 くろック D01
プロフィール

金ルチル

Author:金ルチル
ブログ管理人の金ルチルです。
独身♂10/7に37歳になりました。
衝動買いした一戸建てに一人暮らし。
最近デジカメを買ったのでブログに初挑戦です。
ガーデニングをメインに好きなモノなどを紹介していきます。
リンクフリーですが、リンクされた際にはご連絡していただけると幸いです。
コメント、大歓迎です。
(^^)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード